コロナウイルス流行の経緯と岩田健太郎教授の告発・海外の反応

その他
カテゴリ検索

 

皆さんこんにちは。今回は、神戸大学教授・岩田健太郎さんの告発とその内容、海外の反応についてまとめてみます。

 

できるだけ事実に忠実に、中立の立場で解説することに努めます。

【新型コロナ】最高の働き方改革がコロナによって起きるかもしれないという話。
今回の新型コロナウイルスの影響で、多くの企業では在宅でできるものについては出社せずに行う在宅ワークが推進されています。 管理人も在宅勤務になり、喜びを感じているところです。 感染拡大に歯止めをかけるためには必要不...

 

 

関連記事

前澤ファンドの応募費用10万円の理由を考察してみた
皆さんこんにちは。 今回は言わずと知れた超有名起業家、前澤友作さんが本日発表した10人の起業家に10億円を投資するキャンペーンについて考察してみました。これを見た後は彼の陰口は叩けないと思います。 ...
塾の対策は不要?神戸大学経営学部の科目別の合格点・二次対策と予備校紹介!
記事中に管理人の二次試験の成績開示結果を載せていますので参考にしてください。 皆さんこんにちは。今回は神戸大学経営学部に合格するためにやるべきことを実際に経営学部に合格した管理人が紹介します。 こ...



 

問題となったダイアモンド・プリンセス号

 

横浜港への到着と感染者増大の経緯

 

1月20日、大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が日本の横浜港を出港した。

 

2,666人の乗客は、中国、ヴェトナム、台湾への旅へ向かい、2月4日午前に横浜港へ帰港する予定であった。

 

初めの感染者が出たのは2月1日、ダイアモンド・プリンセス号に乗って香港へと帰国した男性(80歳)からコロナウイルスの陽性反応が出たと香港政府が発表した。

 

クルーズ船は2月3日に横浜港へ到着。着岸せずに停泊し、ここからは日本政府の管理下に置かれた。この時点で発熱などの症状のある人を確認。

 

2月5日、乗客10人にコロナウイルスの陽性反応を確認。この日の朝以降は感染を防ぐために乗客は自室待機という事実上の隔離が行われた。

 

しかしその対策にも劇的な効果は見られず、2月15日までに計218人の感染が確認された。

 

日本に次いで乗客数の多かったアメリカでは日本の感染対応について批判の声が上がり、陰性反応の乗客を帰国させるために各国のチャーター機の派遣が行われている最中だ。

 

2月19日、ウイルス検査で陰性が出た乗客の下船を開始。19日は443人が下船した。

 

また、この日に神戸大学教授・岩田健太郎さんが船内の感染対策のレベルの低さを指摘。動画は、船内の状況を大きく改善するという目的を達成したことを理由に翌日に削除され、謝罪もされています。

 

そして2月20日、「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた日本人の80歳代の男女2人が医療機関で死亡した。同船の乗客で死亡が確認されたのは初めてだ。国内での感染者の死亡は、これで3人となった。NHKによると、2人には基礎疾患があり、それぞれ今月半ばに入院していたという。

 

岩田教授の指摘

 

感染症の専門家、客船内の感染対策を批判 BBCが取材 - BBCニュース
新型コロナウイルスの感染者が増える客船「ダイヤモンド・プリンセス」の状況について報告した神戸大学医学研究科感染症内科の岩田健太郎教授を、BBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ東京特派員が取材した。

 

動画を参照していただいた方にはわかると思いますが、指摘の内容は船内のゾーニングに関すること。

 

ゾーニングとは、レッドゾーンと呼ばれる感染経路とグリーンゾーンと呼ばれる非感染経路を区分することで、端的に言うと感染する危険性のあるところと安全なところを分けることといえます。

 

岩田教授の指摘に対する反論

 

現在ではすでに削除されていますが、厚生労働副大臣である橋本岳さんが、岩田教授のゾーニング批判に対して投稿した反論がこちら。

 

 

素人目でもわかりそうな気がしますが、これは本当にゾーニングができているのでしょうか。。

 

このような写真が反響を呼び、岩田教授の主張は正しいと言われるようになっています。

 

 

岩田さんを批判する際のひとつの論拠となっているのはこちら。

 

岩田さんが投稿した動画に対して、実際に近くにいた教授の方が声明を挙げています。

 

しかしこちらの反論のうち、ゾーニングに関するものはごくわずか(主に写真三枚目)となっています。

 

確かに、日本政府の方々、船内で今も問題の解決に尽力なさっている方についての現状は事実であり、その点については正論なのでしょうが、岩田さんは船内の方々の尽力の程度や努力不足を批判しているわけではなく、ゾーニングが甘いのではないかという論点で動画を投稿しています。

 

感情論的になっている部分が全くないとは言い切れないのです。

 

岩田教授が批判されている理由

 

先述のように、岩田さんの、ゾーニングの甘さに関する指摘についてはおおむね正しいのですが、ここまで世界的に問題視されているコロナウイルスに関することなので、正しいなりに岩田さんが批判される理由というのもあるようです。

 

まず一つは、責任の問題

 

舞台となっているダイアモンド・プリンセス号の船籍はイギリスなのです。

 

今回の件で世界中にコロナウイルスが蔓延するようになれば、ダイアモンド・プリンセス号のゾーニングの甘さが露呈した今、感染拡大について責任の所在は日本政府という認識が広まりやすくなってしまったのです。

 

ダイアモンド・プリンセス号の船籍はイギリスであり、本来日本は全く関係ないのです。。

 

横浜港に帰港したために急遽日本政府が対応しているのであり、本来はイギリスが対処すべき問題です。

 

「ダイヤモンド・プリンセス」乗客2人死亡 政府の感染対策に批判も - BBCニュース
新型コロナウイルスの集団感染が起きた客船「ダイヤモンド・プリンセス」からウイルス検査で陰性となった乗客の下船と帰宅が始まるなか、船内の感染対策への批判が高まっている。

 

そのくせBBC(イギリスのメディア)は日本の対応力の低さを大々的に報じています。本当は一生懸命対応してくれている日本に感謝すべきです。しかし、そうなるきっかけを作ってしまったのが岩田さんであるということから、批判されています。

 

しかし、正しいことを告発したのに批判されるというのもどうなんでしょうね。

 

これをきっかけに日本の医療が世界に後れを取っていることが認識され、国としての医療の発展につながるというメリットも視野に入れなくてはなりません。

 

岩田さんのゾーニングの甘さに関する告発自体は正しいことですので、ここまで批判されるのもちょっとかわいそうな気もします。

 

ベストを尽くすという見識の違い

 

先述のことを考えても、岩田さんが批判される理由としては船の中という状況の問題があります。

 

船内でゾーニングを含めた感染対処に従事する方々が、睡眠時間を削って感染するかもしれないという恐怖の中で一生懸命に働いてくださっていることには世界中が感謝すべきだと思います。

 

岩田さんの批判は、ゾーニングの甘さに関することであり、動画内ではグリーンゾーンを船外に設けることを一番簡単な方法として提示されています。

 

 

しかし、岩田さんに対する記者の質問は、「船内に」レッドゾーンとグリーンゾーンを設ける方法であり、この質問への返答としてグリーンゾーンを船外に設けることはあまり的を得ていないような気がします。

 

そもそも船内でゾーニングを行うこと自体が難しいが、船内でゾーニングを行うことが求められるほどの迅速性が必要な現場であるという状況ならどうでしょう。

 

現場の状況については詳しく伝えられていないため、この正否については明確にはわかりませんが、岩田さん以外のプロの専門家も出入りする中で、船外にグリーンゾーンを設けるという対応が提案されないというのは考え難いです。

 

それを加味したうえで、船内でゾーニングを行うにしても酷い状況だったということを岩田さんが主張しているのかもわかりませんが、、、

 

今のところはどちらの見解が一方的に正しいということははっきりと明言できない状況ですので、いずれか一方を批判するというのは軽率な行為のようにも思えます。

 



 

海外の反応

 

海外の反応をまとめてみました。

 

・どうして彼がすぐに関与しなかったの?なんという人的資源の無駄

 

・↑彼らは自分たちがヘマをしたと知っているから。

 

・この教授が心配だよ。彼が感染していないことを祈る。それと、これが原因でクビにならないことを祈る。

 

・↑彼の身の安全が心配。事実を告発して身を消した人を私は知っている。

 

・前提として、病院船じゃなくてクルーズ船だからね。出来るだけ早く専門チームを派遣するべきだったのかも。

 

・クルーズ船が医療の専門家を万全な状態で配置してれば、今のような事態にはなってなかったはずなんだが……。

 

・無関係の人間が批判をするのはいつだって簡単なことだ。

 

・私としては日本の努力は称賛されるべきだと思う。専門家だってウイルスに関してまだ完全には分かってない状態なんだよ。その中で出来るだけ早く解明出来るように動いてるわけでしょ。繰り返すけど、まだウイルスについてよく分かってない時に、メディアが当事者を批判をするのは悪質だと感じる。私はこれまでの日本政府の対応に、感謝しています。

 

・ちょっと待ってくれ。責任があるのは船の船長やスタッフなんじゃないのか?クルーズ船はただ単に日本の港に停泊しただけだろ。しかも日本は食料や衣料品とか色々な物資を支援してくれたじゃないか。メディアは嘘をつくのをやめてくれ!

 

・あの船は病院船じゃなくてクルーズ船だった事も考慮しないと。

 




 



コメント

タイトルとURLをコピーしました